《重要》アドバンスコースについて

アドバンスコースの名称を変更致しましたが、それにはとても重要な理由があります。

ここでは、そのご説明を少しさせて頂きたいと思います。


このたび、Dr.アドバンスコースは、「アドバンスコース クリニカルプロシージャ」

アドバンスコース ラボプロセスは、「アドバンスコース ラボプロシージャ」と変更致しましたが、B.O.P.T.テクニックは、従来の歯科治療以上に 歯科医師、歯科技工士が共に絶対的なチームとなって 歯科治療を進めていくことがとても重要なPOINTです。

双方共が、互いの知識無しに B.O.P.T.治療を行なうことは不可能と言っても過言ではありません。

                     

アドバンスコース クリニカルプロシージャより

アドバンスコースには「クリニカルプロシージャ」「ラボプロシージャ」の2種類がありますが、従来の歯科治療のように クリニカルプロシージャを歯科医師が受け、ラボプロシージャを歯科技工士が受ければ良い、という単純な流れには残念ながらならないのがB.O.P.T.テクニックの難しいところです。歯科医師、歯科技工士が共に互いの流れを熟知し、患者様の症例に則した診断、施術、技工が必要になるということです。

そのことは B.O.P.T.テクニックを知れば知るほど、ご理解いただけることだと思います。

逆に言えば、本当のB.O.P.T.テクニックを知らなければ その重要性をお分かりいただくことは難しいといえるでしょう。

世界最先端の歯科の世界では、従来の歯科治療に増して、より緻密に繊細に進歩してきているように思います。よって、歯科医師、歯科技工士の絶対的な連携は必須となりつつあります。また、それに加えて 歯科衛生士など医院スタッフとの『チームワーク医療』が大変重要にもなってきます。


アドバンスコースについては、是非、歯科医師、歯科技工士共に「クリニカルプロシージャ」「ラボプロシージャ」を両方ご受講いただき、互いの知識をご理解頂いた上で

B.O.P.T.治療の臨床に生かしていただきたいと考えております。


どうぞ宜しくお願い致します。

アドバンスコース クリニカルプロシージャより



37回の閲覧

CONTACT US

  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

B.O.P.T.Japan​ ®

東京都中央区築地7-5-3紀文第一ビル3階

医療法人社団晃嶺会 鈴木歯科医院内​​

Email   ​info@boptjapan.com

© 2018B.O.P.T.Japan ®